これは、私が小学生の時に体験した本当の話です。

私は友達と神社で遊んでいました。
確か鬼ごっこをしていたと思います。

私は捕まらないように神社の裏のボロイ祠の中に隠れました。
もし入ってきたら裏の扉から逃げるつもりでした。
祠の中で隠れていると、今まで聞こえていたはしゃぎ声がだんだん聞こえなくなりました。

不審に思った私が扉を開け外を見たら、誰もいません。
あれ?と、思い、辺り中見回したら幼稚園くらいの男の子が2人いました。
私が、「ここら辺に3人の男いなかった?」と聞くと、「いなかったよ~」と、言いました。

私が、「おかしいなぁ~」と言うと、「一緒に探してあげようか?」と、その2人が言いました。
私は、ありがとうと言って探しました。

だが、いくら探してもいないのです。

神社の中、神社の外を見てもいません。

私は、ありがとうもういいよと言って2人を帰しました。
そして、もう一度あのボロイ祠に入っているか、いないか見ました。
やっぱりいないので、きっとからかわれたんだ、あした学校で怒鳴ったろと思い、外に出ました。

自転車に乗って帰ろうとしたら、「あ!いたいた」と声が聞こえました。それは、友達でした。

「おまえ、どこ行ってたんだ!」と、叫ばれました。

「何言ってんだ、俺はそこの祠に隠れてたんだぞ!お前らこそどこに行ってたんだ」と、言い返しました。
そしたら、「祠?」と怪訝そうな顔で言われました。

「ほらそこの・・・」

祠なんてどこにもありませんでした・・・。

「お前何言ってんの?」と、笑われました。

そこには、水子地蔵がありました。
あの祠はなんっだたのでしょうか。
それと、あの子供は誰だったんでしょうか。
いまだにわかりません。