今から数年前、霊的なそれじゃないけど高校3年の夏休み実体験したことでも書いてみる。

当時、俺は高3の6月頃に推薦入試で大学が決まり、夏休み前に野球部を引退し夏休みは何して遊ぼうか考えてた。
クラスのみんなとは基本仲良いけど野球部の奴としか連るんでなかった。
終業式の日、教室に入ると部活してないアルバイト馬鹿のAが、車の免許取って今日車で学校に来たとみんなに自慢してた。
車の免許は20歳にならないと取れないと思ってた俺はテラ興奮。
Aとは一度も遊んだことないし、一緒に帰ったこともなかったけど乗せてくれとせがんだ。

Aは乗せてと言い寄ってくる奴に帰る方面を聞き、たまたま俺の住む難波付近(大阪ね)で用事があるらしく難波近辺の奴なら送るとのことだった。
俺含めB、C(野球部じゃない)の3人が乗れることに。

学校終わってA・俺・B・Cの4人みんなそれぞれが初めて帰るメンバーで会話はかなりぎこちなかった。
が、車でテンションが最高潮に沸き今日から夏休みということもあって、テンションが訳のわからないことになって初絡みだけどこのまま今から遊ぼうかってなった。
それだったらとAが、今から俺の用事に付き合ってと言い出した。
聞くとAはかなりのガンマニアでモデルガンやらを売ってる店に行くんだとのこと。
知らない世界と言うか面白そうだからついてくことに。

予想通り日本橋に着いて、想定外のスケールのモデルガンやらエアーガンを置いてるお店に着いた。
と言うのも無茶苦茶な量の銃があってその上に客も迷彩服の奴、やたらムキムキな奴、皮パンのお兄さん、ファッションの一部として銃を腰につけてる奴とかいたからだった。
それ見てB、Cと興奮してると遊びで無性にエアーガンやりたくなった。

Aはと言うとパンチの効いた客と談笑し、やったらごついエアーガンを購入。
店出たら言うまでもく、みんなでA家に帰りエアーガン用意してそっからエアーガンで毎日遊んだ。
Aの地元の友達3人ともエアーガンから遊ぶようになり他楽しいことを毎日してた。
夏休み最終日の日曜日、俺らは刑事モノドラマに出てきそうな港まちで、エアーガンやろうってなった。
場所は南港っていう地名のとこ。

ただ俺らはガンショップの店員から、その南港の中の良い感じのスポットは大きな網で囲われてて中に入れないから遊べないと言うのを聞いていた。
それを覚悟で網を切るように工具を持って行ったんだが、そのスポットの門と言うか扉の鍵が開いていた。

むっちゃラッキーじゃんとまたここでテンション上がり、チーム組んでいざ撃ち合いスタート。
これがハラハラ、ドキドキで最高に盛り上がった。
っと始まって30分たったくらいでいきなり門の方から「ウ~ウ~」っとパトカーのサイレン音。
しかも半端じゃない数。
と同時に「お前らは包囲されてる!武器を捨て直ちに出てこい!!!(大阪弁)」と言う夢でも見てんじゃないかと思う声が爆音のスピーカー音でお届けにきた。
頭ん中が訳わからなくなって、とりあえず何かあったら集まると約束した場所へダッシュ(網の中)。
どうするよ俺?大学の推薦取り消しだ、懲役は何年?とかもう1人喋りながら足ガクブル。

そしたらみんなも足ガクブルしながら来た。
アワアワってなってるとAがガンマニアの血か、はたまた生まれついての血なのか「俺が囮(おとり)になって出ていく。やからお前らはその隙に逃げろ」と言い出した。

囮も何も出口1つしかないからそんなんしても意味ねーよって言いたい所だけど、このテンパるもテンパった状況下じゃそういう思考もなく、『ただ逃げたい』という1点の考えしかなくて、「Aやめろ!」と本気で止めた。
そしたらこの発言が、またAの何かに火を点けたのか、出口に向かい猛然と突き進んで行った。
そしたら「コゥラァアアア!押さえろ!!!」っと聞こえた。

そん時初めて逃げよう、嫌どこに!?出口1つしかねーよ!って思考ができ、震えながらみんなで自首。

銀行強盗とかの時盾みたいなの持って武装した警官みたいなのがウワっとたくさんいて、事の重大さに気づいた。
警察も子供が出てきたからなのかあれっ?て感じだった。
パトカー乗せられてまぁそっから署で、1人ずつ個室に入れられ刑事に鬼のように怒られた。
なんでも南港の夜はかなり危ないらしく、ヤクザから、麻薬の密売とか危ない奴がいてるから気をつけろとのことだった。

また刑事は「『門』はどうやって開けた?」っていうことを聞いてきた。
初めから開いてたと言っても中々信じてもらえなかった。
明け方に取り調べ終わって、また南港行って犯行現場で指さして写真撮られて、始末書みたいなの書いて親も来てまた凄い怒られた。
結局不法侵入予備?みたいなので軽くしてもらい学校にも内緒にしてくれた。

で、1週間後くらいに指紋とるからまた署に来いと言われ7人で行った。
指紋とか人通りして帰れると思ったらみんな担当の刑事さんに呼ばれた。
聞くとお前らが侵入した網の所は防犯カメラついてて今からその映像見せると言ってきた。

映像始まってしばらくしたら、夏なのにジャケット着たおそらくスーツの男が鍵開けて網の中に入ってきた。
そしたら次にまた大きなフランスパンみたいな長細い包みを持った小さいおやじが来た。

で、その長細いやつを夏ジャケットに渡す。
と、途端に影に隠れる2人。
しばらくして俺ら登場。
この時点で?!!ってなった。

そんで俺らがエアーガン持ち出してワイワイ喋ってるのを影からじーっと見てる。
そしたら夏ジャケットが俺らの方に向かって懐から銃らしき物(てか100%銃)を、スッと出して構えてバーンって撃つふりをしてスッと扉から出て行った。
映像はそれで終わった。

刑事さんは「こいつらが鍵を何故持ってるのか、そもそも何者かわからないし、あの袋の長細いのが何なのかわからない、銃みたいなのも本物かわからない、ただ南港はこんな所だ」と言われた。

長々とすいません。
それ以来エアーガンはやってない。
ただ当時はこの映像の奴らに暗殺されるんじゃないかとか、精神的に参っていた。