小4の頃の話。
近所のスーパーへお菓子を買いに行った。
小学生なんで小遣いも少なく10~50円くらいのものをいくつか買おうと選んでいた。

夢中になってたので気がつかなかったが、危うくぶつかるくらいの近くに中年男(メタボぎみ)がいつの間にか立ってた。

場所を変えて(と言っても横並びなので2mくらい離れて)またお菓子を選んだ。

気づくとまた横に中年男。
しかも今度は俺の肩から背中にかけて奴の手?か何かが触れて気がついた。
ぶつかったと言うより撫でられた感じ。

さすがに小4ながらなんとなく気持ち悪かったので、中年男が消えるまで店内を歩き回ることにした。

果物、野菜、惣菜、肉と買うはずのないコーナーなんで飽きてしまい魚を見てから戻ろうと魚のところへ。

一通り魚を見て戻ろうとした時、俺の隣の主婦の隣に中年男。


図で表すとこんな位置
↓↓↓

俺・主婦・・中年男
┣━━━━━━┫
(約2m範囲内)


なんか、もう、偶然かも知れないけど、直感的に怖くなった。
たしか当時話題となった某犯罪者が少女誘拐殺人で「食べた」とか供述したこととかいろいろ思い浮かんでパニクって、お菓子(うまい棒とか)をその場に置いて走って全速力で家まで逃げた。

家に誰もいなかったのでスグに自分の部屋の布団の中でドラゴンボール読んだ。
怖くて気を紛らわすために。

1時間くらいかな?経ってから母親が帰ってくる。
なんかキレてた。
俺が話す前に母親から話をされた。

「さっき帰りに◯◯(スーパー)に寄ったんだけど、駐車場で、変な男にいきなり『あのー、二の腕さわっていいですか?』って言われてさ。気持ち悪い!あんたなんか知らないよ!どこのどいつだ!って怒鳴ったら逃げちゃった。あー気持ち悪い」と話をされた。

その後、俺のガクブルな話をした。
服装、体型、顔(メガネ)全て一致。

気の強い母親は「捕まえてやろう!」とビビりな俺を連れて再度スーパーへ行った。
しかし中年男は見つからなかった。

母親は地元民で結構顔が広かったが、後にも先にもこの中年男を見たのは初めてとのこと。
ちなみに当時俺9歳、母40歳。

あの中年男は変態?熟女好きの変態だったのか?今にして思えば、もしあの時、俺連れ去られてたら、この世にいなかったか、トラウマ抱えた人生だと思うとかなり怖い。