あれは小学校6年生の夏の頃だった。
いつものように市民プールに行き、夕方になるまで泳いだ。
さあ帰ろうと市民プールを出ようと思った時、今日はいつもとは違う道を帰りたくなったので、どこのルートから帰ろうかと思っていた。

市民プールの隣には海がありそれに沿うように道路と山があり、その山にはお城の跡地があり公園もあった。

その山の崖の壁に沿うようにある道路は昔は海だったが、埋め立てられ道路になっていた。
あまり通ったことはなく、遠回りにもなるのであまり使わなかったが、なんとなく通って帰ろうと思い立った。

そして道路へ歩きだし、夕焼けで真っ赤に染まった海を見ながら歩いていた。
ふと、道路の山の絶壁の上の方を見ると、人影のようなもが落ちて行った。
驚いた俺は人影を目で追っていた。

その時、なぜかスローモーションで人影が見えてずっと目で追っていると、その人影は着物を着た女の人だとわかった。

そしてその女の人を目で追っていると、そのまま道路に叩き付けられるのを見た。
あ!と思った俺は怖くなって来た道を一目散で逃げるように戻って行き、いつも通りの帰り道を帰っていった。

家に戻りそのまま部屋に布団を敷き、頭から被さるように上布団をそのまま震えていた。
途中から記憶が無くなり、いつのまにか寝てしまったのか、ふと気づくともう次の朝になっていた。

何か悪い夢でも見たのだろうと思っていたが朝食の時、母親に昨日「青い顔して、部屋に入ってそのまま出てこなかったけど、どうしたの?」と聞かれ、その時は「なんでもない・・・ちょっと疲れただけだよ」と言ってご飯を食べて「遊びに行ってきます」と言って家を出た。

ひとり歩きながら、あの時の出来事は夢じゃなかったんだと考えながら、もし本当に誰かあの山の上から飛び降りたのだとしたら大変なことだと思い・・・急いで山沿いの道路に行くことにした。

そしてちょうど散歩をしていたその付近の住宅地に住む顔見知りのおじさんに「昨日、山沿いの道路で何かありませんでしたか?」と恐る恐る聞いてみた。

おじさんは少し思い出すように考えてはいたけど「何事もなく、いつも通りだったよ」と答えた。
俺は、ほっとした顔をしておじさんに「ありがとうございます」と言ってその場を立ち去った。

もし何かあればパトカーが止まってその道路が封鎖されているはずだ。
そう思い、山の方を見た。

そういえば去年、学校でこの山の公園に遠足に行った時、先生がある言い伝えを話していたのを思い出した。

その昔、戦が起きて城が攻め落された。
その時、そのお城に住むお姫様が逃げ場を失い、その山の展望台があった所で飛び降り、そのまま海にの中に消えて行ったという話だ。

もしかして、あの時見た女の人はそのお姫様の霊だったのか?
あの時、女の人は悲しそうな表情をしていた・・・。
何百年経った今でもお姫様は逃げ場を追われ飛び降りているのかと思い、怖いともに悲しい話だなと思っていた。

そしてこの文章を書いている時にふと疑問に思うところがあった。

当時は気付かなかったが、お姫様が飛び降りた時はまだ海だったはずだ。
しかし、俺が見た時は埋立られ道路になっていて、そこで女の人が道路に叩き付けられたのを見ている。
本当にあれがお姫様の霊ならそのまま道路をすり抜けるはずだ・・・。

いや、すり抜けるというのは単なる思い込みで、地形が変われば霊の動きも変わってしまうのか?
そういえば霊道とういうのがあって、それを遮られるのを霊は嫌うという話を聞いた。
そう考えるとこの先、あの女の人は飛び降りるたびに道路に叩き付けられるというのだろうか?

永遠に道路に叩き付けられるのと海の飛び込むのとどっちがいいのだろうか?

もしかしたら霊はルーチンワークのように淡々とこなしているだけかもしれない・・・。

あれ以来、25年・・・。
あそこへ行っても女の人は見てないし、そこが心霊スポットだという話も聞かない。
もしかしたら俺が見たあの時だけだったかも知れないし、今も居るのかも知れない・・・。

恐らくもう見ることもないだろう・・・。