これは母方のバアちゃんから聞いた、バアちゃんが幼少の頃に体験したという話。

バアちゃんは3人兄弟の末っ子で、兄と姉がいた。
兄とバアちゃんは元気そのものだったが、姉は生まれつき身体が弱くて毎日病床に伏しており、衰弱の為か声も出にくい為、用があると家族の者を鈴を鳴らして呼んでいた。

しかし、両親は共働きで日中は家におらず、姉の面倒は妹のバアちゃんがしていた。
看病と言っても幼少の為に出来ることは大したことがなく、水や食事を運ぶ程度のことだったらしい。
姉の病状は回復の兆しも見えずに痩せ細り目は窪み、それはまるで死神のように見えたそうだ。

そんなある日のこと。
姉が震えるか細い声で、病床から兄に向かって言った。

姉「お水・・・ちょう・・・だい・・・」

それに対して兄は顔を顰めて「やーだよ。ボクはこれから遊びに行くんだから」と言い捨てて、さっさと家を飛び出してしまったらしい。

姉はその言葉がショックだったんであろう。
顔を歪めて憎々しげにその姿を目で追っていたらしい。
そして今度はバアちゃんに顔を向けて「◯◯ちゃん・・・お水・・・ちょう・・・だい・・・」と、バアちゃんはその歪んだ姉の表情に突然恐怖心が込み上げてきたらしく「わ、わたしも遊びに行ってこよー」と逃げ出そうとしたその時、恐ろしい力で腕を掴まれて「死んだら・・・恨んでやる」と言われた。
バアちゃんは泣きながら「嫌だーっ!」と腕を振り解いて、外へ走り逃げてしまらしい。

それからバアちゃんは姉に近づくことなく過ごし、数週間後に姉は他界してしまった。

それから数日後のバアちゃんが部屋に1人でいた時のこと。

チリン・チリン・・・。

どこからか鈴の音が聞こえてきた。
バアちゃんはビクッとしながらも恐る恐る振り返ると、恨みの籠もった目でこちらを見る姉が立っていたそうだ。
それからというもの、バアちゃんが1人きりの時に姿を現しては、姉は恨みの視線を送り続けてきた。

しばらくの間は、バアちゃんも1人で耐えていた。
それというのも、姉は自分が水をあげなかったことが原因で死んでしまったと後悔していたからだ。
しかし、あまりの恐怖に根を上げたバアちゃんは親に泣きつき、水をあげなかった懺悔を悔いて全てを話した。
それを聞いた母親は「あなたのしたことは酷いことだけれど、それが原因でお姉ちゃんは天国へ行ったわけじゃないのよ。お母さんがお姉ちゃんに話してあげる」と、抱き締めてくれたらしい。

その夜、バアちゃんを部屋に1人した母親は隣の部屋でじっと姉が現れるのを待っていた。
その時、母親にも鈴の音が聞こえたらしい。
母親はバアちゃんの悲鳴と共に部屋へ入り「◯◯ちゃん(姉)、もう◯◯(バアちゃん)のことを許してあげて。決して◯◯ちゃんのことがにくくて水を渡さなかったわけじゃないのよ。好きだけど怖くなっちゃったんだって。それも全部◯◯ちゃんを置いて仕事していたお母さんが悪いの。だからこれからは、私のところへ出てらっしゃい」と、そう叫んだらしい。

それからというもの、姉は出てこなくなった。
バアちゃんも姉が許してくれたんだと思い、私に話を聞かせてくれたんだと思う。

そんなバアちゃんが1年前、心筋梗塞で亡くなった。
心よりご冥福をお祈りする。
と共に、私しか気づいていないかもしれない親族にもしていない話を追記する。

バアちゃんが亡くなったのは、バアちゃんから聞いていた姉の命日と同日。
そして亡くなったバアちゃんの腕に、手形らしきアザがあった。

なぜ、今頃に・・・。
それはバアちゃんが亡くなった今、知りようもない謎である。