私は神社の家系に生まれ、霊能力者を生業としている者です。
三年前に訪れたお客様の話ですが、今でもどうしても考えてしまって胸が苦しくなる想いなので、もう時効かと思いますので吐き出させて下さい。

私の開く鑑定事務所に、ある日顔色の悪い男性のかたが訪ねてこられました。
聞くと男性のかたは会社の経営をしており、地元の名士として名高かったそうですが、急激に業績が悪くなり経営が傾き、借金が膨れ上がり危険な状態になったとのお話です。
更に娘さんのことについても気がかりだ、と。

話を聞く前から既に嫌な予感がしており、おかしいなあと思いながらもご家族のお名前を聞き、霊視をはじめました。
会社にはなぜか何も異常は視えなかったので、ご家族を霊視することにしました。
その家には奥さんと、あとお子さんが三人いて、上から長男・長女・次女だったのですが、長男と次女が障害を持ち、そのうち次女が重度の障害で3年も寝たきりであり、自宅で介護士を雇ってお世話をしているのだそうです。

私はまず本人と家族を霊視しました。
私の霊視とは映像や声からキーワードやヒントを感じ取るものであり、今まで大変な人数を霊視しましたが、その全員に霊視が通用しており、伝えて鑑定をしてきました。
ですが、この家族はかつてないほど非常に霊視がし辛く、ノイズだらけで私は口ごもりながら原因を探っていました。

本人、奥様、長男、長女、次女・・・と順々に霊視しますと、はたと気付きました。

寝たきりの次女が全く霊視できないのです。
私は生きてさえいれば絶対に霊視ができる自信があるので、おかしい、おかしい、と混乱しまして、とりあえず次女の部屋に何があるのかを書き出してもらいました。
私の様子もおかしい、ただならぬと察したそのお客様は、慎重に慎重に思い出しながら書いて行きます。
ベッド、洋服棚、家族が座る椅子、折りたたんだ車いす・・・神棚。
・・・それを見た時「あった、これだ!」と直感しました。

私「ここに何が祀ってありますか!?」

男性「え!?・・・ええ、ああ、うちは●●教(新興宗教団体)ですからね、私の部屋にも置いて世話をするからと、熱心な次女が置きだしたんですよ」

私「何年前からですか」

男性「ああ・・・そうですね。この部屋にあるのは3年前からですね」

やっと、私の脳裏に、やっと、いつものように霊聴の声が走ります。

『あ・・と・・が・・・み・』

ゾワっと、怖気が走りました。

『あらひ・・と・・が・・』

“あらひとがみ、現人神”

私「なるほど、次女さんが寝たきりになったのは、神棚を置いてからどれくらい後ですか?」

男性「え?ええ、あー、どれくらいでしょうね、まあ近いことは確かです」

私「会社の業績が悪化したのは?」

男性「ああ、それは三年前ですよ」

私「次女さんが健康であった時、あなたに何かしてほしいと言っていたことは?」

男性「ああ・・・お恥ずかしいですが、次女が寝たきりになってから妻から聞いたのですが、私と遊んで欲しかったといつも愚痴をこぼしていたそうで、私の仕事を憎んですらいたそうですね・・・」

曖昧模糊とした情報が、一本の線で繋がります。
つまり、次女の部屋に置いてある神棚が原因で次女を寝たきりにした。
あの邪教は特徴的で、信者から金銭を吸い上げ、神棚から生命力を吸い上げる性質がある。
神棚の祀り方なのか、それともたまたまなのか、神棚の中の邪教の札が次女自体を“御神体”として祀ることを選んだ・・・。

つまり、現人神。

かつての村や町の中で信仰をあつめた、人の身でありながら神として崇められた者。
本人へ栄養を供給し介護士が世話をすることは、イコール『神様のお世話』。
大きすぎる神棚や大きすぎる御神体は、大きな願いの力を生む。
ようするに、複数の条件が重なることにより『天然の現人神』が生まれ、それに対して誰も願わずに、けれども神様のお世話はされていた。

何か大きな人の願いがないのならば、優先されるのは神そのものの願い。
つまり『父親の仕事が無くなり、遊んでくれるようになる事』。

・・・だからと言って、神棚を無くせ等と言えるはずがない。
それによってどのような災厄が私や目の前の客に起こるかが未知数だ。

「人工神の祭壇を壊せ」などと大それたことを私は言えない。
・・・言えば祟りが起こる。
ていうか、自分のところの宗教の人間に頼れよ、と。

それにこの客も某邪教の信者であれば、「某邪教の神棚のせいで娘さんもあなたのお仕事もおかしくなってるんですよ」なんて言ったら怒り狂い、信者を引き連れて暴力的な意味の御礼参りに来られたらたまったものではない。
それに、あの邪教ならやりかねない。

私は立ち上がって、キッパリとお話しました。

私「お帰り下さい。今すぐに。お代は結構です」

男性「え?どういう意味ですか?」

私「すみませんが、未熟者の私には対処しかねます。大変申し訳ありません」

そんなやり取りの中、ブツブツと文句を言われていましたが、そのお客様はお帰りになりました。
その後全ての鑑定をキャンセルし、日本酒をあおり忘れようと努力しました。

その次女は、今も生きながらに現人神として祀られているのかもしれません。
自らの願いをひたすらに叶えながらも。
皆さんもどんな宗教を信じても良いのですが、神道十三派のとある宗教だけは気を付けて下さい。