実家は東北の方にあるんだが、姉が新しい車を買ったばかりってこともあって、リハビリがてら車で関東から東北の実家まで行ったわけだ。

なんとか県内まで辿り着き、県庁所在地あたりに来るとどんな田舎でも賑やかになってくる。
自分にとっては意外だったこともあり、ワクワクしながら外を眺めていた。
それにも飽きて、ふと姉の方に目をやるとなにやら姉の様子がおかしい。

そして、「ちょっと・・・やだ・・・なにこれ」と泣きそうになりながら騒ぎ始めた。

どうやらカーナビの画面が示している道と音声アナウンスが示している道が違うみたいなんだ。

すると母が「面白いから音声に従ってみようよ」とか言い始めたので音声アナウンスに従っていくことになった。

結局、実家とは全然違うところに到着した。
爆睡してる母親を起こす。

「なんでこんな所に着いてんの?ここ・・・ちーちゃんが住んでた家じゃない・・・」と震えていた。

まぁ結局もう一度カーナビに住所を入れたら無事に着いたんだけど。
さっきの話について母に訊いてみると、どうやら死んだ『母親の妹』の住んでいたアパートの前に着いたからびっくりしたみたいだった。

結局のところ、「お盆だし、寂しかったから呼ばれたんじゃないの?」って感じに落ち着いた。