うちの父方の家系の話。

今年の正月、実家に帰省してるときに「◯家(父の旧姓)についてお前に大事な話がある」と父に呼ばれました。
うちの父は母に婿入りしたので私は◯家じゃないし、父方の親族に一度も会ったことがないので、正直「何で今更かしこまって◯家の話?」って感じでした。

まぁ、聞かない訳にもいかないので、正座して向かい合いました。
すると、開口一番「◯家は呪われた血筋だ」と。

いきなり何を言い出すんだこの人、と驚いていると、父は◯家について語り始めました。

なんかすごい立派な家柄で、自家製ヘリとか持ってるすごい金持ちだったそうです。
うちは決して裕福とは言えない家庭だったので、正直、父のいうことが信じられませんでした。

そのことを告げると、父は押し入れの奥の方から古い木箱をとりだして、中の写真を見せてくれました。
絶句しました。
写真の詳細は言えませんが、◯家が超絶名家だったんだということはよく理解できました。

私「お父さん、なんでこのこと今まで教えてくれなかったの?」

父「お前に分別がつくまで秘密にしてたんだよ。家柄を自慢する時代でもないからな。私達は◯家と縁を切ってるんだから、このことは人に言い触らしたりしてはダメだよ」

私「そうだね・・・わかった」

ここまでは◯家自慢話だったんですが・・・。

私「お父さん、何でお母さん方に婿入りしたの?◯家のほうにいたら私、お嬢様だったのに・・・」と悔しがっている私に、父は◯家の没落&呪いのことを話し始めました。

かいつまんで話すと、◯家は戦後、何かがきっかけとなり、それ以降の親族は一人残らず呪われてしまったそうです。
具体的には、重度の精神病を患う確率が異常に高い、自殺者多数、行方不明になる、縁談に失敗する、必ず癌で死ぬ、などなど。

父づてに父の家族の近況をたまに聞くことがあったんですが、確かに「呪われてる」と言われてもおかしくないような、不幸っぷりでした。
それで、父は◯家との因縁を断ち切るため、母方に婿入りしたそうです。

それが功を奏したのか、血が薄まったせいなのか、父は◯家よりはまともな、平凡といえば平凡な家庭を築いたそうです。
・・・たぶん、精神が弱いのは血の遺伝なんでしょう。
兄弟の一人は精神病院に入院しています。
この話をきいて、その理由がわかりました。

私が父方の親族に会ったことがないのも、私に悪影響を与えないように父が遠ざけていたからだった、と知りました。

家族写真見たい?と聞かれ、もちろんうなづきました。
で、家族(親族)写真をみた感想。

「リアル犬神家の一族」

これ以上にピッタリの言葉はないと思いました。
写真越しからでも、物凄い負のオーラが伝わってくる、まさに「呪われた一族」といった感じ。

横で父が、「可哀想な人達だった・・・」と呟いたのが印象的でした。

話は以上で終わりです。
もちろん、全て実話です。