俺、昔鬼を見たことあんだよね。
小学生の頃、かあちゃんの田舎に行った時の話。

田舎の子と家の裏山で遊んでたら、そいつの友達が2、3人やってきた。
思わぬ大所帯になったので興奮した俺達は、いつもは家の見える範囲でしか遊んじゃ駄目と言われているのにも関わらず、奥の方へ入って探検してみることにした。
山道は険しく10分も進むと草木が生い茂り、まだ昼過ぎだというのに薄暗く感じられた。
だが俺は人数のせいで気が大きくなっていたから構わず先へ進んだ。
他の奴らも同じようだった。

しかし、それからほどなくして俺達は道に迷ってしまった。
高い杉林の中で一面は皆同じような眺め。
俺は少し不安を覚えたがそれでもまだまだ平気だった。
だが、他のメンバーは家族から聞かされていた山の恐ろしさを思い出したらしく青くなっていた。
俺は「だらしねえなあ」と思いながらとりあえず林を抜けるまで歩こうと提案した。

どこか見晴らしのいい所に出れば降りる道もわかるだろう。
そんな気持ちだった、まだその時は・・・。

しばらく歩くと林を抜け、だだっ広い広場に出たが、そこから首を伸ばして見渡しても人家は見えない。
見渡す限り山山山・・・。
こに至ってようやく俺もヤバいかなと思い始めた。
・・・とは言えいずれは必ず帰れると信じていたから、あくまで今夜のテレビ観れないとか、その程度の心配だったけど・・・。

春先だったし、そこまで寒くはなかったがとっぷりと暮れてくると闇が怖くなってきた。
俺達はじっとしていられなくて当てどもなく歩き続けた。

その内一番年下の子が泣き出した。
俺達は交互に慰めたりしたが、そのお陰でしっかりせねばと闘志が湧いてきた。
そのまま足が動けなくなるまで子供たちの集団山中をさ迷い続けた。

一時間くらい経ち、もういい加減足がくたびれてへたり込みそうになった頃。
なんとなく先頭を歩いていた平八が「おいあれ!」とすっとんきょうな声を出した。

山中に明かりが見えたのだ。

俺達は「助かった・・・」と異口同音に呟いた。
そしてその明かりを目指して歩き出した。

「あれ誰の家?」と聞いても誰も知らなかったけれども。

近くに見えた明かりだが側に行くまで意外と時間がかかった。
俺達は30分以上かけてそこまで行った。

暗闇に家の輪郭が浮かび上がったとき、俺達は思わず足を止めた。
明かりがともってなかったら人が住んでいるようには見えなかっただろう。
ほとんど廃墟だった・・・。

藁葺きでぼろぼろに崩れかけたしっくいの壁、玄関の木戸は少し強い風が吹けば飛んでしまいそうだった。
俺達はしばらく立ち尽くしていたがやがて意を決したように平八が木戸へと足を踏み出した。

平八は木戸に手をかけ、俺達もすぐ後ろに続いた。

木戸は立てつけが悪いらしく、なかなか開かない。
俺が手伝ってやっと開いた。

中は土間がありその向こうが板の間、天井からランプが下がり、中央に囲炉裏。
鍋がかけられている。火が赤々と燃え盛っている。

誰もいない。
俺達は顔を見合わせた。
どこに行っているのだろう。

「とりあえず入って待とうぜ」

俺の一声でゾロゾロと中に入って囲炉裏の側に座り込んだ。

平八が無遠慮に鍋の蓋を開けた。
中には何かよくわからない肉みたいなものが入っていた。
それを見て俺が眉を潜めたとき、「ガラッ」と、木戸が一気に開いて人影が間口に現れた。

その姿。
世にも恐ろしい光景だった。
しばらく夢でうなされるほど。
それはひょろりと背が高い女だった。

ぼろぼろの服というか布切れを体に纏っている。
手足はほとんど露出し胸も半分こぼれているようだったが、泥だかにまみれて黒くなっていた。
髪は肩の下腋まであった。
だがそれよりも強烈なのは顔。
あれはまさしく鬼の顔だった。

縦長の輪郭に梅図かずおの漫画のように真ん丸に剥かれた両目。
げっそりとこけた頬。
薄く長い唇はわずかに開かれ、涎がしたたっている。

俺達は思わず座ったまま後ずさった。

女「お前たちは何者じゃ!どこから来た!」

不意に鬼が叫んだ!

口が顔の下半分を覆いつくすように広がった。
赤すぎる口内に黄ばんだ歯がまばらに散っている。
そして次の瞬間鬼は一足飛びに板の間に飛び移って来た。

俺達「うわあああああ」

俺達は絶叫してそこらのものを投げつけた。
裏口はない。

鬼は左に回り込んで来て逃げ遅れた最年少の子が捕まった。
その隙に俺達は戸口に走った。

助けよう等とは夢にも思わなかった。
戸口でぶつかりながら必死に外に飛び出した。

女「待たんかーーー」

鬼の声が追い掛けてきた。
俺の後ろでぎゃっと声が聞こえた。
俺達は必死に走った。
抜け出そうとした暗闇が今は恋しかった。

鬼の気配はすぐ後ろにある。
激しい息遣いも聞こえてくる気がした。
耳に噛みつかれたら、肩を掴まれたら、俺は死にそうになりながら慣れない山道をめちゃめちゃに走った。
と、いきなり地面が崩れて俺は絶叫を上げながら斜面を滑り落ちた。
顔は涙鼻水涎でベトベトだった。
体が木の幹に激突して止まった。
腰が砕けたかと思った。
痛くて動けない。

鬼が来る!!!

俺は焦りまくった。
必死に起き上がろうとしたか激痛が走って無理だった。
ならばと這いずって行こうとしたがゆっくり進むのは恐怖感がひどくてたまらずに落ちた方を振り替えって止まった。
辺りは静まり帰っていた。

暗い。
落ちた場所を見上げた。
動いているものはないようだ。

まさか下に回り込んでいるのでは・・・。

俺は絶望に気が狂わんばかりになり、とうとう失禁してしまった。
とにかくここでは危ないと回りを見渡すとすぐ近くに茂みがある。
必死こいてその中に這いずり込んだ。

全身が隠れるまで鬼が来ないことを祈った。
いつ足首を掴まれて引きずり出されるかと恐怖した。

鬼は来なかった。
俺は茂みに仰向けに横たわって震えていた。

アホみたいに震えてどうしようもない。
このままここで死ぬんじゃないかと思った。

その時、初めて他の奴らはどうしたろうと思った。

捕まっただろうか?
そしてバラバラにされて鍋で煮込まれ・・・。

ふとザッザッと足音が聞こえてきた。
全身を凄まじい緊張感が襲った。
震えがどうしても止まらない。

幸い今は風が吹いている。
止むなと思った。
止んだら食われる。
俺は目を薄く開けて自分が来た方を見た。
足音は近づいてくる。

ザッザッザッ・・・。

いきなり視界にぬうっと鬼が現れた!

俺の足のすぐ先にいる。
鬼は回りを見渡している。

気付かれる――!?

俺は恐怖と緊張のあまり失神するかと思った。
失神したかった。
・・・だができなかった。
やがて鬼は視界から消えたがまだすぐ近くにいるのは足音でわかる。

女「どこじゃーどこにおるー」

突如鬼が叫んだ。
地獄の底まで響きわたるようなずしんと重たい声、それだけで殺される気がした。

俺は死ぬ、死ぬんだ・・・。
そう思った。

俺はいつの間にか失神していた。
気が付くと朝になっていた。

鬼はいない。
見付からなかった!
俺は自分の幸運が信じられなかった。
朝になったらもう安心だ。
なぜかそう信じていた。

腰の痛みは少し収まっていた。
俺はゆっくりと立ち上がり木の棒を杖にしてそろりそろりと歩き始めた。
全く当てはなかったが、とにかくここら辺から離れなければと思った。

しばらく歩いている内にとにかく下に行こうと思い、無理矢理斜面を降り始めた。
へたすりゃ大怪我する恐れがあったが、鬼に食われるよりかは遥かにましだ。
そう思い、斜面をどんどん滑るように危なっかしく降りていった。

それが数時間続いた。
起きたのが7時頃だったがもう11時近くなっている。
今だ人家は見えない。

段々と払拭されたはずの恐怖感が蘇ってきた。
このまままた夕方になったらどうしよう。
いやひょっとしたらあの家に戻ってきてしまうかも知れない・・・。

俺はまるで地獄で罰を受けている亡者のような気持ちになった。
いつまでも山の中をさ迷い続ける罰。
暗くなったら鬼が追っ手となる・・・。
俺は叫び出したくなるのを押さえ絶望感に飲み込まれそうになりながらも歩き続けた。

どれくらい歩いたろう。
時計を見ると正午を回っていた。
俺はもうどうでもいいやとわざとらしくあきらめのポーズをとった。
そうすれば反対に助かるのではないか?そんなことを思った。
そしてそれは当たったのだ。

何坂(単位わからん)目かの斜面を降った時不意に視界が開けた。
目に入ってきたものに俺は思わず声を上げた。

「茶畑だ!」

段々になった茶畑が一面に広がっている。
嬉しさが込み上げてくる。
よく見ると畑の中に人がいる。

俺は「おーい」と言いかけて口をつぐみ今下って来た斜面を振り返った。
黙って近づこう。
そう思って、ゆっくり茶畑の中に入り込んだ。
杖が当たって葉っぱがガリガリ音をたてた。
俺は助かった。

母の実家に帰りついた時は大騒ぎになっていた。
すぐ他の奴らのことを聞いたが誰も帰りついていなかった。
俺は大勢に囲まれて根掘り葉掘り訊かれた。

一生懸命喋った。
早く話してしまいたかった。
話すことで恐怖が薄れてくれるのではと期待した。

話が鬼の件にくると聞いていた人たちの間に動揺が走るのが分かった。

「鴫沢」「あの女」という言葉が聞こえてきた。
全て話し終わった後、じいちゃんがぼそりと言った。

じいちゃん「お前たちはな、鴫沢に迷い込んだんだよ」

皆鬼のことを知っているのだ。
俺はすぐ様事情の説明を求めた、あの鬼はいつからあそこにいるのか?と。

じいちゃんはゆっくりと暗い調子で話し始めた。
大勢いるのにしんと静まり帰っている。

じいちゃん「あそこにはな、昔ある家族が住んでいたんだ。夫婦と娘が一人な。ところがある時夫婦が離婚してしまった。妻は出ていくとき娘を連れて行きたがったが、旦那が許さんかった。そうしてあの家には父と娘が二人で暮らすようになった。その頃はよく二人でこっちの方にも降りてきておったよ。可愛い娘だった。目がぱっちりした瓜実顔でなあ」

じいちゃん「それからしばらくしてある夜村外れの家の戸を叩く者がいてな、家人が出てみると例の娘が一人で立っていたんだ。娘が言うには父親が途中で怪我をしたらしい。近隣の者と連れだって行ってみると落石に会って動けずにいるのを見付けた。車に乗せて近くの病院まで運んだ。複雑骨折で当分入院が必要とのことだった。だが、金がなくてな、娘は町に出て働かなくてはならなくなった。確かその時15かそこらだったはずだ。娘が町でどんな商売をしていたか、詳しくは知らんが想像はつく」

小学生だった俺にも大体の予測はついた。

じいちゃん「それで少しの間は持っていたらしいが、今度は娘が体を壊してな。その頃は父親の方も大分良くなっていたから退院して二人で家に戻ったんだ。それからまた前と同じように暮らし始めたらしいんだが、村へは降りてこんようになった。前は月に二度は顔を見せておったのにな。まあ二人ともまだ調子が悪いからなと最初はそれほど気にも留めなかったが、それが半年も続いくようになると、さすがに皆心配を始めた」

じいちゃん「そしてある時とうとう村の者が5、6人で連れだって様子を見に行ったんだよ。俺はいかんかったが、その内様子見に行った者の一人がと戻って来たんだが、どうも様子が尋常じゃないんだ。真っ青な顔をしてな、『警察を呼んでくれ』と言った。訳を聞くとな、死体があったと言うんだ。まさか親子がと訊いたらいや違う見知らぬ男の死体がいくつもあったと言うんだ」

じいちゃん「警察を待つ間詳しく話を聞いた。家にたどり着いた時、まず玄関先で倒れている男を発見したそうだ。うつ伏せで背中が血まみれだった。めった刺しにされていたそうだ。木戸を開けるとものすごい異臭が鼻をついたらしい」

じいちゃん「中には後3体死体があったそうだ。どれも顔と言わず体と言わずめった刺しにされていたらしい。中の一体は片腕が斬り取られていたそうだ。囲炉裏には鍋が煮立っていた。そして部屋の奥に娘が蹲っていた。はじめ娘とわからなかったらしい。それほど様変わりしていたそうだ。まるで亡者のようだと言っとったよ。髪は半ば白くなり、痩せ痩けて目がギョロりと光っとったと。娘は何かをむさぼり食っていたそうだ。鍋で煮込まれていた何かを」

俺は寒気がした。
娘は死体から斬り取った腕を食べていたのだろう。

じいちゃん「そうする内に警察が来てな。わしらも一緒に現場へ行ったんだ。いや凄まじかったよ。あれは正しく地獄絵図だ。いまだに瞼の裏に染み付いとる。警察の調べで男たちの正体はわかった。町のヤクザ者だった。組の金を持ち逃げして行方をくらましとったらしい。それが何であそこにたどり着いたのか。きっと娘の客で彼女から聞いていたんだろうと警察は言っていた。格好の隠れ家だと思ったんだろう」

じいちゃん「実際そうだった。父親は満足に動けんし、娘一人どうとでもなる。きっと奴らの奴隷のような扱いを受けていたんだろう・・・昼も夜も。それが半年近く続き、そしてとうとう娘は狂ってしまった。鬼になってしまったんだな・・・。今はまだ30代のはずだ」

俺は呆然として声が出なかった。

娘はその後精神病院に入れられたらしいが、数年後に退院し、母方の親戚に引き取られて行ったらしい。
母親自身は既に亡くなっていたそうだ。

しかし、彼女はいつの間にかあの惨劇が起きた家に戻っていた・・・。
それから大規模な捜索が始まり、他の子供たちは皆救出された。
一番下の子はあの家の中で見つかった。

鬼の姿はなかったという。

暮らしている様子もなかったらしい。
その子は一時的な記憶喪失にかかっていたらしく入院した。
あれはひょっとしたらあの場所に強く残っている娘の思いが見せた幻だったのかも知れない・・・。