子供の頃、家族で海水浴行ったとき、海から上がって自分家のスペースに戻ると同じ年くらいの知らない子供が座ってた。

(誰だ、こいつ?)

そう思ったけど、とりあえず無視してビニールシートに腰を下ろしたら、知らない子が「カキ氷食べたい」ってだだこねだして、かき氷買いに行くことになった。
そいつは母親にべったりくっついて、「ママ、とうもろこしも買って」とか言ってるの。

さすがにおかしいと思ったから、「お前誰だよ」って言ったら、母親の腕にしがみつきながら俺のほう見てニヤリッと笑うの。

「ねえ、お母さんこの子誰。なんかおかしいよ」って言っても、「はいはい」って流される。

訳の分からない事態で涙目になってたら親父が来てさ、そいつに向かって「ん、君どこの子だ?お母さんのところに戻りなさい」って言ったら、舌打ちしながら俺に蹴り入れて人ごみの中に消えていった。

親父が母親に、「今の子なに?」って聞いても、母親は「なんのこと?」って感じで分かってない様子。

俺はマジで怖くなって泣きだしてた。

実話なんだけどあれがなんだったのかいまだにわからない。