金縛りで思い出した。

数年前に住んでた家が見事な幽霊屋敷だった。
なので金縛りとかなりまくり。

大抵金縛り状態になった後、女の子が腹の上乗ってるか、壁から何本も手が生えて来て撫で回されるかだった。

でもその日は違った。
うっかり金縛りになった俺は一刻も早く眠ろうとあがいていた。

夏なのに冷たく(寒くとはまた違う)なっていく部屋。
このままでは、またひどい目に遭ってしまう。

焦る俺を嘲笑うかのように窓がカタカタと鳴る。
そして、ゆっくりと開かれる窓ガラス。

入って来たのは知らないおっさんだった。
ニューキャラクターの登場にドキドキの俺。
しかし体は指一本動かせない。

何とか眼球を必死に動かしおっさんを観察。

体、でかい。

髪、ボサボサ。
キューティクル皆無。
目つき、何かおかしい。
印象、肉体派ホームレス。

何とかそこまで判断するとおっさんがこちらに近づいて来た。

どんな怖い目に遭うのかビクビクの俺。

せめて獲物を見ようと、近くなったおっさんの手元を凝視。
錆びて曲がったノコギリ・・・とピッキンググッズ。

おっさんは幽霊じゃなく強盗でした。
あの時ほど気絶してェー!!と思った時はない。

友人が持ち込んだ猫がいなかったらマジ死んでた。