ウチのは自信満々ではないけれど、「出されたものは全部食べないと失礼」という教義を信じていて、俺の口に合わないものでも無理矢理大量に食べさせる。
そのマナー(?)を死守するために自分はなんでも食べる。

一回俺が料理した時、わざとまずくした野菜炒め(念入りにキャベツを炒め水気を出し、ビチャビチャの薄味にしたもの)を出したことがあるが、さすがに残した妻。
しかし残りを玉子でとじて味付けをし直し、夜食に食べていた。
なぁ、妻よ、無理はよそうぜ・・・。
食事が楽しくないよ・・・。

ちなみに妻はビールが嫌い。
でも出されると無理にでも飲む(外の席ばかりでなく、家でも)。
一度「ノンアルコールビールは麦ソーダみたいなもんだからお前でも飲めるよ」と勧めて(騙したつもりはなく)飲ませたら、よほど口に合わなかったらしく吐き出した。

あれは痛快だったな。