全部おばあさんの声だったってことなのかな・・・。

声の話で何年か前にあった変なことを思い出した。

昼間住宅地の人通りの少ないところを歩いていたら、後ろから誰か話してる声が聞こえた。

男の声「◯◯って言ってみな?」

甲高い子供の声「◯◯!」

◯◯の部分は何だったか忘れた。

「◯◯って言ってみな?」

「◯◯!」

この同じ会話を何度も繰り返してるので変だなと思った。
さらにその声が背後に近づいてくるんだけど、足音は一人分なんだよね・・・。

大人が子供をおんぶしてるのかと思ったけど、やっぱり何かおかしい。

後ろ振り向くのも気味悪かったんで、離れようと早足で歩いたら声が追いかけて来た。

「◯◯って言ってみな?」

「◯◯!」

「◯◯って言ってみな?」

「◯◯!」

「◯◯って言ってみな?」

「◯◯!」

会話のスピードも反復もスピードアップ。
試しに脇道に入ったら声がしなくなって、もうついて来てないみたいだった。

誰が通るのか見てやれと待ってたんだが、しばらくしてガタイのいいあんちゃんが一人通った。

あいつが二人分の声を出してたのか?
それとも別の奴で、来た道引き返したのか・・・。

たぶん精神がどうにかなってる人にロックオンされたんだと思うが、後をつけられて怖かった。