今から10年近く前、ある船の三等航海士として勤務してました。

で、確か沖縄向け航海をしてるとき。
夜中の2時ごろ、いつものように船の位置を海図に記入して前に戻って外を見てました。
ふと海面に目をやると、波間に夜光虫の群れが。

夜光虫はどちらかと言えば汚い海に多いもの、このあたりでは珍しいし暇なこともあって、一緒に当直に入ってる操舵手の人に夜光虫がたくさんいると声をかけました。
しかし、彼は顔をしかめて見ようともしません。

理由を聞くと、「夜光虫は海で死んだ人の魂だと言われてるから見たくない」と。

そんな言い伝えもあるんだな、と思いつつ再び前方の見張りに戻りしばらくすると、雨が降り出しました。

そのとき、海面一面が青白い光に覆われました。
空には雲がかかり真っ暗な状態。
海は見渡す限り暗く青白い光の海。
本船はその光の中を進んでました。

(さっきの操舵手の人の言葉が本当なら、ちょっと怖いよな・・・)

そう思いつつ、一度船の位置を確認しておこうと海図に向かって位置を記入して確かめたら、悪石島の付近でした。