余り周囲の人には言えないタイプの話なのですが、こちらでなら聞いていただけるかも知れないと思い、書き込んでみます。
とにかく誰かに聞いてもらって自分の中で整理をつけたいのです。
長いんですが・・・。

二年前、義理の姉が死んでしまいました。

後述するように、私が明確に「自分の家族だ」と思っているのは兄しか居ません。兄も同様ですので、兄の結婚後離れて暮らす様になっても互いに行き来し合っていたこともあり、私と義姉とは本当の家族のようになっていました(少なくとも私はそう思っていました)。

だから新婚だった兄の悲嘆は深いものでしたが、私も大学を休学する程落ち込んでしまっていたと言う状況でした。
兄夫妻が暮らしていた実家の私の部屋で私は義姉のことに付いて考え続け、そして妙なことを思い出したのです。

それは子供の頃の記憶でした。
忘れたことはなかったのですが、特に思い出したり義姉と結び付けたりするようなことはなかったようなものです。
それはこんなものでした。

私と兄とは、子供の頃一時期東北の親戚の家に預けられていました。
私の家はちょっと環境が複雑で、両親はほとんど日常茶飯事に姿をくらますと言う状況でした。
ですからたぶん、逐電対策として手の空いていた親戚の所に放り込まれたのだと思います。

今にして思えば、あれ自体が不思議な体験でした。
たぶん過疎の村だったのだと思いますが、何しろ老人しかいないのです。
少なくとも子供なんかはおらず、就学年齢前だった私はともかく、五歳年上の兄までも、学校にも行かず日がな一日ぶらぶら畑の中の道を歩いていました。

親戚の人に意地悪された記憶なんかはないのですが、親切にされたと言う記憶もなく、はっきり言うとどこの誰だったかも思い出せない曖昧な過去です。

私達は大声を出して遊ぶことも憚られるようなその静かな村で、「寂しいねー」とか言いながら過ごしていました。

で、そこで私は一日だけちょっと不思議な体験をしたのです。
はっきり言って不思議と言ってもこの段階では「地味」なものに入ります。
老人ばかりのその村の私達兄妹だけの遊び場に、若い女の人がやって来たのです。

幼児らしく思考能力のなかった私の方は「わーいお姉さんだー。今日はー」とか言っていた記憶がありますが、兄はさすがに警戒して私を引き戻したりしていました。
ですが兄もそのうち慣れてしまったようで、私達は三人で暗くなるまで遊びました。

で、どこが不思議なのかと言うと、先ず、次の日からそんなお姉さんには全然会えなかったということ。
そしてそこは東北であったにも関わらず、なぜか女性は関西の言葉を話していた事(これは実を言うと曖昧です。
でも、たぶんそうだったと思います)。

更に、そのお姉さんが時々私達に理由もなく謝っていたことです。

一番最後のことがあった故に、私はこの出来事を覚えているのです。
遊びの切れ間にいきなり「ごめんね」とか言い出すので、ぎょっとするわ少し怖いわで、そのお姉さんのことを「変だなあ」と思っていました。

記憶はここまで。
で、実家で義姉について考えていた所まで話を戻します。

物凄く哀しんでいたから、たぶんその所為もあるんでしょうけど、記憶の中のその女性と義姉が、私には同一人物としか思えなくなりました。

顔も似ていたような気がするし、姉も関西人でした。
飛躍し過ぎだとセルフ突っ込みを入れつつも、思考は止まりません。
そしてもう一つ小さなことを思い出しました。

兄と義姉が結婚する前、「あの兄のどこが良かったの」みたいなことを訊ねたら義姉は「◯◯(兄の名前)に物凄い勢いで口説かれてそのまま流された」と笑って答えたのです。

正直、にわかには信じ難い話でした。
先程お話したような家庭の事情が原因だと思うのですが、兄には人間不信気味な所があります。

大人になっても兄は、顔も頭も決して悪くないのに「怖い人」で通っており、家族以外にフレンドリーにしている所なんか見たこともありませんでした。

以上のような事情を話しつつ義姉からより話を聞くと、「前に会ったことがないか」としつこく言って来たというのです。

単に物凄く義姉が好みだったに過ぎないと言う可能性もありますが、それにしたって、少しでも兄を知っている人にとって彼が人を口説いたりする様を想像するのは中々困難です。

本当に「兄は義姉と以前に会っている」と考える方が私には自然に思えます。
で、それは子供の頃に会ったあのお姉さんじゃないだろうか!と。

その時は盛り上がりましたが、やがて二、三ヶ月経ち、どうにか立ち直って来てみると、どう考えても違うように思えて来ました。

兄もとりあえず外見は大丈夫そうになって来ていたし、私はバイトもあったので大学近くのアパートに戻ることにしました。

それで、二年が普通に過ぎまして、ついこの間のことです。

今年のゴールデンウィークに私は兄と会い、たぶん初めて、姉が死んだ時の話を兄の口から聞きました。

姉の死因は交通事故です。
病院に運び込まれて、手術前に兄と話した時、義姉は「先に死んじゃうなんて●●ちゃん(私です)にもうしわけない」とか「ちゃんと謝りたい」みたいなことを言ってくれていたそうです。

家庭に恵まれなかった私のことを、姉はいつも気にかけてくれていました。

それで、私は子供の頃会ったあの女の人のことをまた思い出したのです。
姉は優しい人だから、幼少時見捨てられた子供だった私達のことを最後まで気にかけて、訪ねてくれたのではないか。

そして(そんな事いいのに)謝ってくれたのではないだろうか。
そう思ったわけです。

なんだかすっきり整理が付いたような口調ですが、本当はそうでもなく、可能性が増えてしまっただけに結構混乱しています。

兄に、昔のあの女性のことを義姉だと思っているか、なんて話はさすがに出来ないし、友人達にするには家庭の事情を話さなければならない部分も多い為、躊躇われるのです。

長くなってしまってすみません。
でも、私の中でちょっと整理がつきました。

「不思議だなあ」って体験です。

それでは。
あ、こちらのスレ好きですので、これからも楽しみに読ませて頂きますね。