それは、どんよりと雲に覆われた初夏のことでした。 星も見えない夜で、かなり蒸し暑かったことを覚えています。 その公園は民家からかなり離れているので、深夜になると人気がなくなります。 俺ら友人達の格好の溜まり場になっていました。 その日の夜、彼女に振ら ... 続きを読む